​企業主導型保育事業について

企業主導型保育事業

◎待機児童問題の解消のため

多様で柔軟な就業形態に対応できる保育サービスを広げるためのものです。

これによって待機児童の改善や、働くママにとっては、仕事と子育ての両立がしやすくなります。

◎働き方に応じた多様な保育の提供

休日保育、長時間、短時間、長期間、短期間の保育提供ができます。

 
◎他の企業との共同利用や地域住民の子どもの受け入れ

お子さまを柔軟に受け入れることが可能です。